自己破産手続きで自分の借り入れに関してその保証人がいるときには、事前に連絡をしておいたほうがよいでしょう。電子タバコ

さらに、改めてお勧めしますが、保証人を立てている場合は破産手続きをする前にきちんと検討しておかなければなりません。電子タバコ

なぜならばもし自己破産をして免除されると保証人となる人があなたが借りた負債をすべて果たす必要があるからです。

ですので、破産申告前に保証人となる人に過去の経緯や今の状態を説明しつつお詫びをしておかなければならないでしょう。

そういったことはあなたの保証人の立場に立つと当然のことです。

負債者のあなたが破産申告するためにまったなしに膨大なローンが生じることになるのです。

そうなると、そのあとの保証人である人の選ぶ手段は以下の4つです。

まず1つめですが保証人である人が「全額返済する」という選択肢です。

保証人である人がすぐにでも何百万ものお金をラクに支払うことができるぐらいの資産を持ち合わせていれば可能です。

でもむしろあなたは破産せずに保証人である人に立て替えてもらい保証人自身に毎月返済するということもできるのではないかと思います。

保証人がもし破産を検討している人と信頼関係にある場合は、いくらか弁済期間を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。

またいっしょに返金できなくても、貸方も話し合えば分割での返済に応じてくれるかもしれません。

あなたの保証人に破産宣告を行われると、すべて戻ってこないことになりかねないからです。

保証人がそのカネをあなたに代わり立て替える財力がなければ借金した同じように何らかの方法による債務の整理を選ばなくてはなりません。

2つめが「任意整理」によって処理することです。

この方法を取る場合貸方と話し合いを持つことでおおよそ5年弱のあいだで返済していく方法になります。

実際に弁護士にお願いする場合の費用は債権者1社ごとに4万円。

7社から契約がある場合28万かかることになります。

また債権者との話し合いを自分でチャレンジすることもできますが、経験も知識もない人の場合相手側が確実に有利な和解案を出してくるので注意する必要があります。

それに、任意整理をするという場合も保証人に借り入れを代わりに払ってもらうことになるのですから、あなた自身は少しずつでも保証してくれた人に支払っていく義務があるでしょう。

次の3つめは保証人となっている人も返済できなくなった人といっしょに「破産申告する」ということです。

返せなくなった人と同じように自己破産を申し立てれば、あなたの保証人の責任も返さなくて良いことになります。

ただ、保証人が株式などを持っている場合はそういったものを没収されてしまいますし、資格制限のある職についているならば影響を受けます。

そのような場合は、個人再生制度を活用するといいでしょう。

では4つめの選択肢ですが、「個人再生をする」方法についてです。

土地建物等を処分せず債務の整理を希望する場合や、自己破産手続きでは制限がかかる職業にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生による整理です。

これならマンション等は処分する必要はありませんし破産手続きのような職業の制限資格制限等はかかりません。