免責不許可事由というものは破産手続きをする人に対しこれらの事項に該当しているなら免除を受け付けませんといった内容を言及したものです。ワキ汗

ですので、端的に言うと返すのが全く行き詰ったような状況でも、その要件に該当するならば借入金の免除を却下されてしまうような場合があるというわけです。BTB 体験

ですから破産宣告を出して債務の免責を是が非でも得たい方にとっての最も大きな難関が「免責不許可事由」ということになるのです。ライザップ 六本木店

これらは不許可となる事項のリストです。ライザップ 天神店

※浪費やギャンブルなどで、過度に資産を乱用したり、膨大な債務を負担したとき。オルチニン

※破産財団に含まれる財産を隠匿したり、破損させたり、貸し手に不利益に売り払ったとき。

※破産財団の金額を偽って増大させた場合。

※破産に対して原因を有するのにその債権を持つものに特定の利権を与える意図で担保を提供したり弁済期前倒しで借入金を弁済したとき。

※もう弁済できない状況にもかかわらず、現状を偽り債権を有する者を安心させてさらなるローンを続けたり、クレジットカードなどを使用してモノを購入した場合。

※偽った利権者の名簿を役所に提出したとき。