そもそも、破産を請求するまでの間では当事者に対する電話での返済請求と債務者当人の自宅への直接訪問による返済要求は違法行為ではないということになっています。また、自己破産申請の事務手続きに入ったあと実行までに無駄な時間が費やされてしまったケースには無理矢理な収集を実行するリスクが高くなります。債権保持人サイドからすると清算もせずに、なおかつ破産といった正式な対応もなされないといった状態だと組織の中で処理を行うことができないせいです。その上、債権者の中では法律家に助力を求めていないと気づくと、なかなか強硬な返済要求行為を繰り返す債権者も存在しています。司法書士の方か弁護士団体に助けを求めた場合、個々の債権保持人は依頼者に対し直接要求を行うことができなくなるのです。頼みを把握した司法書士事務所それか弁護士の担当者は業務を担当するという内容の郵便を各取り立て業者に送付することになり各債権者がその通知をもらったときから依頼者は債権者からの乱暴な返済請求から自由になるということになります。さらに、取り立て企業が親の自宅へ訪れての徴集は貸金業法のルールで許されていません。貸金業として登録されている業者ならば会社や親の自宅へ訪れての返済請求はルールに反するのを理解しているので違法だと言ってしまえばそういう返済要求を続けることはないと思います。破産の申請の後は申立人に対する徴集を含め例外なく返済要求行為は禁止されています。だから、取り立て業者からの徴集が音沙汰なくなることとなります。けれども、中にはそれを分かっているのに接してくる取立人もないとは言い切れません。貸金業であって登録してある会社であれば自己破産に関しての申請の後の収金が法律のガイドルールに抵触しているのを分かっているので、違反だと伝達してしまえば、取り立てをやり続けることはないと思います。とはいえども、闇金融と呼ばれる取り立て業者においてはこの限りとはならず、過激な取り立てなどによる被害事例が減少しないという現実があります。債権者の中にいる際には必ず弁護士の人もしくは司法書士の方などの専門者に助けを求めるようにするといいです。