そもそも、ある人が破産を要請するまで負債のある個人への電話を使う返済請求と、その人の自宅への直接訪問による回収は法律無視でないということなのです。それから、破産に関する正式手続きに入ったのち時間が費やされてしまったケースには債権保有者は強硬な収集を行ってくる危険性が増加します。債権保持者側からすると清算もされないまま自己破産といった手続きもなされないといった状態であれば企業内部での完了処理を行うことができないからです。他にも債権保有人の一部には専門の人間に連絡していないと知ったなら大変無理矢理な返済請求行為を繰り返す人も存在します。司法書士団体および弁護士事務所に助けを求めたときには、それぞれの債権保有者は本人に対して直接取り立てを続けることが不可能となります。頼みを受けた司法書士法人や弁護士の人は要請を受任したと記載した通達をそれぞれの債権者に送付することになり、それぞれの債権者がその郵便をもらったならば負債者は取り立て会社による無理矢理な返済請求から解放されるのです。ここで、企業が勤務地や父母宅へ訪れての徴集は貸金業法のルールで禁止事項になっています。登録を済ませている業者であれば勤務地や故郷へ行っての返済要求は貸金に関する法律に反するのを認知しているので言ってしまえばそのような収金を継続することはないと考えられます。破産の手続きの後は申請者に向けた返済要求を含んであらゆる返済請求行為は許されなくなります。よって、債権者による返済要求行為がきれいさっぱり消えてなくなることとなります。けれど分かっているのに連絡してくる取り立て企業も存在しないとはいえません。貸金業であって登録してある会社であれば自己破産に関する手続きの後の集金が貸金に関する法律の条項に違反しているのを分かっているので、その旨を伝達してしまえば、そのような取り立てをやり続けることはないでしょう。とはいえ法外金融と呼ばれている登録しない取立人に限ってはこの限りにはならず収金などが原因の被害事例が増え続けているという現実があります。法外金融が業者の中にいそうなケースでは弁護士の方それか司法書士の方などの法律家に連絡するといいと思います。