任意整理というものは普通は借金の整理とも呼んでいて、おのおの債権者に対しての返済を続けていくことを選ぶ借金を整理する選択肢になります。その手続きですが司法書士の資格を持つものとか弁護士の資格を持つもの債権を持つものと借り手との中に立って相談し合い、利息制限法に従って適切な利息計算を行いもう一度計算した借りたお金の元金にかかってくる借入金利を削ったことにより36か月ほどの期日で返済を完了する借金整理の計画です。この手続きの場合には各裁判所などの機関が口出ししないためこれ以外の手順と比べても採用したときにおけるデメリットとなる点が最も少なく、手順は依頼人に一番負担になりませんのでまず比較検討するようお勧めするルートということになります。債権者がヤミ金業者などのとても高額なならば、法が明記している利子を超過して払った金利分にあたっては借りたお金の元金に充てるとみなされ借入金の元金それ自体を少なくすることだってできます。ですから、ヤミ金などのとても高い借入金利のところに対しある程度の期間返済してきた例だとかなりの金利分を減らせることもありますし、十数年返しているケースでは負債そのものが消化されてしまうような場合もあります。任意整理の有利な点とすると、自己破産とは異なって一定の負債だけをまとめることになるので他に連帯保証人が付く負債以外だけで整理をしていく際や住宅ローンの分を別として整理をしたい場合等でも活用することが可能になりますし、全ての財産を処分することは求められませんので投資信託やマンションなどの自分名義の財産を持っているものの、放棄したくない場合にも有用な債務整理の方法になるでしょう。ただし、今後返済する額と現実の所得額を検討し、適度に返済が見通せるようなら任意での手続きを進めるほうが良いといえますが、自己破産手続きとは違って負債そのものが消滅してしまうというわけではありませんのでお金の合計がだいぶあるような場合は現実には任意整理の選択をするのは困難になるということになります。